あんどうクリニック 内科 消化器内科

あんどうクリニック 内科 消化器内科

電話アイコン電話する アクセス

Colonoscope

下部消化管内視鏡(大腸カメラ)

Colonoscope下部消化管内視鏡(大腸カメラ)

大腸がん診断に威力を発揮する拡大内視鏡機能を搭載した最新型内視鏡装置

大腸内視鏡(大腸カメラ)

大腸の炎症性疾患、出血性疾患、がんなどの腫瘍性病変を診断することが可能です。大腸がんの発生数は年々増えており、女性死亡数1位、全体での死亡数2位と上位に位置しています。大腸がんは内視鏡治療可能な状態で発見されれば、完全に治療することが可能です。またポリープ(大腸腺腫≒前がん病変)の状態で切除すれば、大腸がん死亡リスクを減少できるという大規模な研究報告もあり、大腸ポリープは積極的に切除することが勧められています(当院では日帰り可能な新しい治療手技であるコールドポリペクトミーといわれる切除方法で実施しております)。自治体や会社のがん検診(便潜血検査)で精密検査となった方や、便通異常(便秘、下痢)、血便、下腹部痛など腹部症状を認める方、大腸がんの家族歴のある方には検査をお勧めいたします。

下部消化管内視鏡検査でわかる疾患

  • 大腸ポリープ
  • 感染性腸炎
  • 大腸憩室症
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病大腸がん など

苦痛を軽減するための大腸内視鏡検査

当院ではやさしくていねにな検査を実施するように心がけております。当院では95%以上の方がほとんど苦痛を感じずに終了していますが、異物であるカメラを体内に挿入されるわけですから不安も大きいと思います。大腸内視鏡検査には2種類の苦痛があるといわれています。
一つは固定されていないS状結腸が伸びたときの痛みです。S状結腸は個人差の大きい部分で痛みのないようにていねいにやさしくたたみこみながら挿入しますが、手術歴のある方は癒着によりどうしても腸が伸びてしまうケースがあり、数秒間おなかを圧迫されたような感覚があります。
もう一つは観察時に送気することで大腸をふくらませたときにガスが溜まった感触があります。当院では検査の苦痛を除去するために日本内視鏡学会の作成した鎮静のガイドラインに沿った方法を準備しています。

① 鎮静剤(静脈注射)を用いる方法

ほぼ眠ったままの状態で内視鏡を行うことが可能です。検査に対する不安の強い方、以前の検査時に苦痛を伴った方などに勧めております。この場合、検査後にはしっかり目を覚まして帰っていただく必要があり、通常検査の場合よりも在院時間が長くなるといったデメリットもあります。

② 鎮静剤および鎮痛剤(いずれも静脈注射)を用いる方法

癒着が強い方、腸がたわみやすい方には通常よりゆっくりかつ丁寧に苦痛がないか確認しながら挿入しますが、それでも残念ながら痛みを伴う場合があり鎮痛剤を併用することもあります。また以前苦痛を伴った方には最初から積極的に使用します。

③ 鍼を併用する方法

これまでどうやっても苦痛を感じた経験がある方には鍼によって副交感神経を優位にした後に鎮静剤を用いリラックスさせることもできます。当院で実施する鍼は元筑波大学教授、西條一止先生より教えていただいたエビデンスの多い方法で交感神経優位となった体の緊張を緩和しリラックスさせます。とにかく緊張が強い方には鍼により緊張を解いて鎮静剤を用いるとさらに苦痛は緩和します(鍼代は別途かかります)。

【参考】鍼による自律神経安定法

椅子に腰掛けてもらい外関といわれるツボに約15秒ほど呼気時にのみ刺さずに刺激します。その後ベッドに仰臥位になってもらい合谷と孔最に4−5mmほど刺鍼し1Hzの低周波電流を流し筋肉に単収縮を約15分持続します。これによって副交感神経優位な状態となり筋肉の緊張がほぐれ眠たくなります。この状況下で鎮静剤を投与すると楽に検査を受けられます。

④ ①~③を用いても恐怖感や苦痛が強い方にはまずカプセル内視鏡をお勧めします。

炭酸ガス送気を用いた大腸内視鏡検査

当院では最新の炭酸ガス送気装置を用いて観察します。挿入時にはほとんど送気しませんが、観察する際には通常「空気」によって腸管を膨らました状態で行います。この場合、検査後の腹満感(おなかのハリ)が強くでる場合があります。これは苦痛の原因(ガスが溜まっておなかがパンパンとなり苦しい感じ)となります。炭酸ガスは空気の数百倍の吸収率であるため、検査後のおなかのハリはほとんどなく、検査後の腹部の不快感を軽減することができます。

日帰り大腸ポリープ切除(コールドポリペクトミー)

大腸ポリープを発見した場合に、当院では検査前に同意を得られている場合に、そのままポリープを切除します。ポリープ発見時と、切除治療を分けて行うよりも時間的、経済的負担を軽減できます。1個のポリープを切除するには①悪性度の高いものではないか確認する詳細な観察(拡大内視鏡での質的診断)、②切除、③切除後の粘膜を冷水で洗浄しながら3−4分止血を確認する必要があり7~10分かかります。したがって1回の検査で最大3個までの切除が目安です。それ以上あれば日を改めて再度切除いたします。また基部が広く出血のリスクの高いものは入院前提で切除することもあります。すでにがんを疑わせ浸潤していそうなものは内視鏡下での切除は危険であり病変の近くにクリップでマーキングし消化器外科の先生に腹腔鏡による手術をお願いする場合もあります。
また合併症のある方、心疾患のある方、切除後に不安のある方は当院で切除後に入院施設をご紹介します。

検査の流れ

1.診察
まずは問診を含めた診察を行います。検査前に休薬が必要な薬もありますので、事前に確認させていただきます。腸管の閉塞を疑わせる症状など、強い腹部症状を認める場合など内視鏡検査が望ましくない場合もあり、検査前に来院していただき事前の診察が必要となります。
ただし血便が続き、治療方法を確定させるために早期診断がbetterと判断した場合は下剤など前処置なしで検査を行うこともあります。
2.来院前
前日 :前日の21時以降は食事をしないでください。前日内服用の下剤を服用してください。水分摂取は可能です。
当日朝:当日の朝食はとらずに来院されてください。水、お茶、スポーツドリンクは摂取可能です。内服薬のある方、糖尿病治療中の方は事前に医師、看護師に確認をお願いいたします(血圧のおくすりは原則飲んできていただきます)。
3.来院後
前処置用の腸管洗浄液を内服していただきます(1000〜2000ml程度)。前処置に要する時間は個人差があります。(3時間前後)
当院ではゆっくりかつマイペースで飲んでいただくために個室を準備しております。個室にはテレビとベッドがありリラックスできる環境で検査の準備をしていただきます。検査を受ける方専用の洗浄付きトイレは4つ準備しております。患者様お一人お一人専用のトイレで安心してお使いいただけます。個室が落ち着かない方は一般外来とは別の内視鏡検査を受けられる方専用の待合室があり多数の雑誌などを準備しており環境を変えながら準備をしていただけます。
※初回でなければ自宅で腸管洗浄液内服後の来院も可能です。
検査を有意義なものにするためにはこの前処置がもっとも重要です。便が多く残っていますと挿入しづらく(便がレンズに付着するとまったくみえません)、早期がんの見落としにつながります。前処置は早く仕上がる方もいればなかなか仕上がらない方もいらっしゃいます。当院は現在1日2件しか予約をとっておりませんので患者様の状態にあわせゆっくり待つことが可能ですが、予約をする際はできるだけ時間に余裕がある日をお選びいただけるようお願いいたします。
鎮静剤の点滴を行います。(※鎮静剤無しの検査も可能です。)
検査(検査所要時間20分前後:ただしポリープ切除する場合は詳細な観察も含め1個につき5-10分かかりますので3個切除すれば15分-30分です)。
4.休憩

鎮静剤を用いない場合でも着替えを含めて20分ほど休んでもらいます。ポリープを切除した場合は止血剤の点滴をいたしますのでベッドで60分〜120分ほど休んでもらいます。鎮静剤を用いた場合はベッドで60分~150分ほど休んでもらいます。

結果説明:撮影した画像をみながら説明いたします。

※ポリープを切除された方はご帰宅後普通に食事は可能ですが、切除したポリープの数、切除後の切り口や定期の内服薬など総合的に考慮し食事内容を指導する場合があります。